カテゴリー : トンボ

このカテゴリーの登録数:103件 表示 : 16 - 20 / 103

Apr 01, 2012

アサヒナカワトンボ(幼虫)

20120401.jpg
蜻蛉目 カワトンボ科 アサヒナカワトンボ
Mnais pruinosa 朝比奈川蜻蛉

ふと川辺を見ると、細長い物体が動いていたのでよく見るとカワトンボのヤゴでした。時期的にはぼちぼち羽化が始まると思われます。カワトンボのヤゴはどれも見た目がそっくりですが、触覚の長さや、おしりの3つの呼吸管の形で判断します。

Jan 24, 2012

モートンイトトンボ(抜け殻)

20120124.jpg
トンボ目 イトトンボ科 モートンイトトンボ
Mortonagrion selenion モートン糸蜻蛉

成虫も見つけづらいのですが、抜け殻も小さく、遠目から見るとただの植物の一部と勘違いしていまいそうです。他のイトトンボとの違いは明白で、おしりの方に何も付いていないのがモートンイトトンボです。

Dec 30, 2011

ベニイトトンボ(幼虫)

20111230.jpg
トンボ目 イトトンボ科 ベニイトトンボ
Ceriagrion nipponicum 紅糸蜻蛉

羽化をしようとして水から出てきたのでしょうか?全身が赤っぽいのでベニイトトンボのヤゴで間違いはないと思います。羽化のシーンを撮影出来るかと身構えたのですが、そんな自分から殺気を感じたのか何事もなかったかのように水中に戻ってしまいました。

Nov 12, 2011

キトンボ

20111112.jpg
トンボ目 トンボ科 キトンボ
Sympetrum croceolum 黄蜻蛉

晩秋まで見ることができるトンボ。中には雪が積もっている季節でも活動をしているくらい遅くまで活動しているようです。写真に写っているトンボは成熟しているためか、黄色?と首を傾げてしまいますが、羽のオレンジ模様が美しいトンボです。

Nov 04, 2011

ベニトンボ

20111104.jpg
トンボ目 トンボ科 ベニトンボ
Trithemis aurora 紅蜻蛉

体だけでなく羽まで紅色のベニトンボ。もともとは東南アジアや台湾などの熱帯地域に生息していたトンボなのですが、今では九州にも定着し、11月まではこの綺麗なトンボを拝むことができます。