カテゴリー : コオロギ

このカテゴリーの登録数:6件 表示 : 1 - 5 / 6

Oct 07, 2012

クマコオロギ

20121007.jpg
直翅目 コオロギ科 クマコオロギ
Mitius minor 熊蟋蟀

羽がお腹と比べて短めのコオロギ。比較的にしめった場所を好み、実際にこのコオロギを見た場所は田んぼや池が近くにありました(写真では乾燥した荒れ地にいますが)。

Jan 03, 2011

ヤチスズ

20110103.jpg
直翅目 コウロギ科 ヤチスズ
Pteronemobius ohmachii 谷地鈴

湿地を好むスズムシ。基本的には夏から秋にかけてみられ、特に自分が住む地域になると梅雨の前から見られるようです。そっくりな仲間が多いですが、環境を考えればたぶんこの種で大丈夫だと思われます。

Mar 03, 2008

エンマコオロギ(幼虫)

2007-01-21
直翅目 コオロギ科 エンマコオロギ
Teleogryllus emma 閻魔蟋蟀

幼虫といえどもエンマコオロギなのでそれなりに大きく、存在感も大きいです。産卵器官がないのでおそらく雄だと思います。

2008-03-03
小さいままではわかりにくいですが、ピントが微妙に合っていません。写した直後にカメラでちょっと確認をしても気づきにくく、家に帰ってから気付くことがよくあります。

Nov 19, 2006

スズムシ

2006-08-15
直翅目 コオロギ科 スズムシ
Homoeogryllus japonicus 鈴虫

秋の風物詩、スズムシです。家に来たお客さんが持ってきたものでちょっとした事情で一日だけ預かる事になりました。すでに人に飼いならされているのかよっぽどのことをしない限りは鳴き止まないようです。おそらく人間が怖くないのでしょう。

2006-11-19
スズムシの鳴いている所。撮影自体は成功しましたが、機材がデジカメだからかあのきれいな音色を録音する事ができませんでした。周波数の関係でしょうか。
サイズ:640×480 動画(20.6MB)
サイズ:320×240 動画(4.3MB)

もっと読む...

Sep 05, 2006

エンマコオロギ

2005-10-12
直翅目 コオロギ科 エンマコオロギ
Teleogryllus emma 閻魔蟋蟀

秋に鳴く虫の代表格、エンマコオロギです。顔がえんま大王にそっくりだからこの名前がついたらしいですが...。学名にまで入っています。そんなに恐ろしそうな顔には自分は見えませんが。ちなみに鳴く虫たちは主に翅や脚を擦り合わせて音を出しているのですが、どんな擦り方をしたらこんなにきれいな音色がでるのでしょうか。

2006-09-05
外灯にいたコオロギ。やっぱり彼(彼女)らも光に集まるのでしょうか。近づいてみたらおとなしく弱っているのか思いました。が、時間が経ってから見るとそこにはいなくなっていました。