カテゴリー : ガ

このカテゴリーの登録数:97件 表示 : 6 - 10 / 97

Jun 12, 2011

メスコバネマルハキバガ

20110612.jpg
鱗翅目 メスコバネマルハキバガ科 メスコバネマルハキバガ
Diurnea cupreifera 雌小羽丸羽牙蛾

名前の通りで、雌の羽は退化しており飛ぶことが出来ません。最初は羽が退化しているガはフユシャクガだけかと思っていましたが、本種の他にも数種類ほど存在するようです。彼女たちは飛べない代わりにフェロモンで雄をおびき寄せます。

Feb 28, 2011

フクラスズメ

20110228.jpg
鱗翅目 ヤガ科 フクラスズメ
Arcte coerula 脹雀

おそらく建物の明かりに集まったのが居残ったものでしょうか。本来は夜行性で樹液などに集まるそうです。ぱっと見は地味なガで、普段はそんなに目に付かないものですが、幼虫は割とよく見る派手な黒い毛虫です。

Dec 20, 2010

ヒトリガ

20101220.jpg
鱗翅目 ヒトリガ科 ヒトリガ
Arctia caja phaeosoma 火取蛾

普段は白黒模様の羽で閉じて見えませんが、天敵などが近づくと写真の用に赤い羽を見せて威嚇をします。どうやらこの蛾は毒を持っているためこういった警告色をしているようです。

Sep 29, 2010

ヤママユ

20100929.jpg
鱗翅目 ヤママユガ科 ヤママユ
Antheraea yamamai 山繭

典型的なガの姿をしている、ヤママユ。しかし、よく見てみると大変綺麗な羽の模様をしています。日本各地で見ることが出来ますが、地方によっては亜種となっているようです(写真のは北海道亜種)。

Sep 27, 2010

ヤママユ(幼虫)

20100927.jpg
鱗翅目 ヤママユガ科 ヤママユ
Antheraea yamamai 山繭

視線を感じたのでその方向を見ると一匹の芋虫がこっちを見てました。この芋虫の出す糸は大変価値が高く、「繊維のダイヤモンド」と呼ばれているそうです。