Jul 07, 2009

ノコギリクワガタ

2006-08-24
甲虫目 クワガタムシ科 ノコギリクワガタ
Prosopocoilus inclinatus 鋸鍬型虫

普通は赤っぽい色のノコギリクワガタですが、たまに黒いのがいると雌の区別が難しいです。大きさでなんとなくわかるものですが、それでも微妙で頭と胸の形で区別するといいそうです。

2009-07-07
去年はまったく金立公園で見ることが出来ませんでしたが、今年は意外とあっさりと見つけることが出来ました。今回はコナラの樹液を吸っていたので意外と盲点だったのかもしれません(クヌギの樹液以外の樹液も好みます)。

2008-12-04
今年は夏前半はまったくクワガタに縁がありませんでしたが、夏の終わりから初秋は結構見ることができました。子供から大人まで人気の昆虫なので誰でも行ける場所だとなかなか見ることができません。

2008-08-17
クヌギの高いところを歩いているところ。この個体は大型で小さい頃はよくこのサイズを「水牛」と呼んでいたものです。小さいのはなぜか「ぎっちょん」と呼んでいました。

2007-08-10
クヌギを蹴ったら落ちてきました。したがって、この不自然なポーズで木に掴まっている絵はやらせです。すぐに落ちるので微妙に苦労しました。