Oct 16, 2011

ヒメクロオトシブミ

2005-09-09
甲虫目 オトシブミ科 ヒメクロオトシブミ
Apoderus erythrogaster 姫黒落文

最初に紹介するのは自分のホームページの名前の由来であるオトシブミです。数年前にクヌギのドングリを2つ、実家の庭に植えてみた所、いつの間にか住み着いた小さな住民です。ご存知の方は多いと思いますが、これらの仲間は葉っぱでゆりかごを作ります。もちろん自分の子供達のために。こんなに小さいのに自分の何十倍も大きい葉っぱを奇麗に巻き上げるのは立派なものです。

2011-10-16
望遠レンズにマクロコンバージョンレンズという懐かしい組み合わせで撮影。しかし、コンデジよりもはるかにピントが合う幅が狭いので手持ちでの撮影は無理です。本当はこれ以上に大きく写せるのですが、いかんせん腕がないためいい絵がありませんでした。

2008-10-16
一眼レフを手に入れて2年目に突入。保証期間も過ぎ、旧式に成り下がりましたがまだまだ現役です。相変わらず自分で満足する絵を自在に撮れないですがいつかはそうなりたいものです。

2007-10-16
一眼レフを入手して以降、難易度が非常に高い種類になってしまいました。天晴な天気の日なら思いっきりしぼって多少は撮影しやすくなるのですが。

2007-07-23
今まで見つけた撮影スポットの中では比較的見つけるのが容易になりましたが、確実にいる実家には敵いません。ただ、この立体的な体は一眼レフでの撮影は難しいです。

2006-12-19
揺りかごを作っている雌のヒメクロオトシブミ。途中で雄が来ましたが、残念ながらカメラに収める事ができませんでした。

2006-10-16
今年は彼らをきれいに写す事が出来ませんでした。彼らを見かけたときはまだ撮影スタイルが出来ておらず失敗ばかりでした。来年こそはアップできれいに撮影したいものです。

2005-10-28
毎回新しい種類の昆虫を紹介していくとすぐにネタがつきるので今度からはこのようにすでに紹介した記事に追加する形を取っていきます。たまに新しい物も追加していきます。

2006-01-25
見た目は数ミリ程の小さな彼らもこうしてみると甲冑をまとったなかなかかっこいい容姿をしています。拡大写真は1600×1200ピクセルです。