Jan 07, 2009

オオスズメバチ

2006-01-06
膜翅目 スズメバチ科 オオスズメバチ
Vespa mandarinia 大雀蜂

日本最大のハチ。また、カブトムシやクワガタを採集する人にとっても最大の敵です。攻撃的なハチで特に初秋が激しく、この時期になるとたびたびニュースで報道されます。どうやらその時期は繁殖期らしく、巣を刺激するとしばらくは通行人を手当たり次第襲うそうです。

2009-01-07
口移しをしているようです。おそらくは同じ巣の働き蜂。違う場所で2匹のオオスズメバチが格闘しているのを見たことがあるので違う巣同士の働き蜂は中が悪いと思われます。

2008-06-04
5月中旬から結構な数を見ることになった、オオスズメバチ。野太い羽音で恐怖心が芽生えてしまいます。が、今の季節なら割とおとなしく、マクロレンズで接近しても、じっとしてくれました。

2007-12-15
12月の中旬、金立公園を探索していたらこの時期には大きすぎる昆虫が飛んでいました。近くのツバキに止まったところを見るとスズメバチでした。この時期は冬眠しているはずなのですが...。気温も10℃前後であんまり暖かいとはいえない状況でした。

2007-10-10
やはり彼女らを撮影するなら8月までですかね。夏までは割とおとなしいので接近しても何もしてこないのですが...。秋は駄目ですね。少し近づいただけで威嚇をしてきます。

2007-08-01
強い刺激を与えなければ日本最大で毒も強烈なオオスズメバチもかわいいものです。さすがに秋のオオスズメバチは怖いのですが...。羽音も怖いです...。やっぱり怖いです...。