Feb 11, 2009

コフキトンボ

2005-12-26
トンボ科 トンボ科 コフキトンボ
Deielia phaon 粉吹蜻蛉

明かりに飛んできたので捕まえてみました。セミや、トンボは昼間よりも夜のほうが捕まえやすいですね。仮に取り損ねても戻ってくる事がちらほら。最近は図鑑を手に入れたので種類の特定はだいぶやりやすくなりましたが、それでも苦労します。生態写真が載っている図鑑が欲しいです。

2009-02-11
表面から。昆虫を写すときもやっぱり顔にピントが合ってないとすっきりしません。羽や体にクローズアップするのならいいのですが、全体を写す場合は顔を写すといい感じの絵になりますね(この写真ではよく見ると後ピン気味です)。

2008-05-17
シオカラトンボとそっくり、ということですが、日頃よくみかけるせいか、コフキトンボを見るとすぐに違和感を感じるようになりました。ちょうどシオカラトンボを頭から胴への方向に対して縮めた感があります。

2006-02-17
シオカラトンボと比べてみると若干腹が幅広いシオヤトンボ。というか、スマートな個体が、シオカラトンボ、太めのトンボがシオヤトンボ、と区別をすればいいのでしょうか。拡大写真、といっても今回は被写体が小さいため、これが等倍サイズです。最近(この記事を書いている段階)は無加工の画像をアップしているのでExif情報等が見れるようになりました。