Feb 23, 2010

アカタテハ

2005-11-26
鱗翅目 タテハチョウ亜科 アカタテハ
Vanessa indica 赤立翅

以前紹介したヒメアカタテハにそっくりなと、言うか本家なのかはわかりませんが、両者ともそっくりな姿をしています。ポイントは前翅の端にある白い斑点。外側と内側の白斑の数で見分ければよさそうです。ヒメアカタテハは外側の斑点が多く、アカタテハは内側の斑点が多いようです。

2009-02-23
いつもなら今の季節はなかなか接近を許してくれないのですが、自ら近づいてきた場合は自分がじっとしていれば逃げないようです。足下に飛んできてびっくりしたのでピント合わせがうまく出来ませんでした。

2009-02-28
春先になると思い出すのがこのアカタテハを含むタテハチョウの仲間。何度かは早い時期から見ているのですが、寝起きで元気なのかとてもカメラで追いかけるのは無理でした。

2008-04-14
以前ヒメアカタテハと勘違いした個体。白い模様よりも後ろ羽を見れば一目瞭然のようです。

2008-02-28
2月の下旬に撮影したもの。よく見ると小楢にできた穴に管を差し込んでいるようですが、樹液が出ているのでしょうか?

2007-11-24
ZD 70-300mm f4-5.6のテレ端で撮影。今までのレンズだとフラッシュを焚くとけられが生じましたが、このレンズは1m以上離れての撮影なのでけられることがないのがいいですね。

2006-03-10
英名、「Indian Red Admiral」。和訳するとインドの赤い提督らしいです。姫が名前に付くと貴婦人。だからといってアカタテハは雄だけではありません。もちろんヒメアカタテハも雌だけと言う訳ではありません。

2005-12-23
ひなたぼっこをしているアカタテハ。翅がきれいな状態なのでこのまま冬を過ごすのでしょう。南のチョウは成虫で冬を越すものが多いです。

2006-02-06
このチョウチョは夕方、活発に飛ぶらしいです。確かに飛んでいる所はあまり見た事はないのですが...。拡大写真は1600×1200ピクセルです。