Nov 28, 2007

ウスバキトンボ

2005-11-06
トンボ目 トンボ科 ウスバキトンボ
Panatla flavescens 薄翅黄蜻蛉

全体が黄色かかっているのでウスバキトンボ。てっきりアキアカネカと思いましたが、どうやら違うようです。九州は暑いですから気温30度以上の温度で死んでしまうアキアカネは意外と少ないのかもしれません。

2007-11-28
遠めからですが、びしっと決まりました。出来れば大きく写っているときでもびしっとするのが一番なのですが、やっぱり技術力がものをいいますね。

2007-09-23
もともと自分が住んでいる場所よりも南の地方にいたそうで、季節風にのって北上していたようです。出身地は南なのにヤゴは4度の水温までは耐える事ができるようです。

2007-07-27
少なくとも佐賀や長崎では一番多く見られるトンボだと思います。ため池の付近には自分にぶつかってくるぐらいの数を見ました。繁殖力が強いのでしょうか?

2005-12-24
ある意味、衝撃的な写真。トンボの頭の裏が見えます。普段は頭を上げているので見えないのでしょう。拡大写真は1000×750ピクセルです。

2006-01-14
画像は全然底をつく気配はありませんが、たまには動画を。とはいえ、デジカメで撮影した物ですので、画質はそれ相当ですが動きがあって面白いものです。この動画はh264でエンコードされています。WindowsユーザーはQuickTime 7、およびVLCでご覧ください。画像をクリックすると動画が再生されます(9秒 245.93KB)。