Feb 16, 2009

ヨコヅナサシガメ(幼虫)

2006-09-19
半翅目 サシガメ科 ヨコヅナサシガメ
Agriosphodrus dohrni 横綱刺亀

名前通り大きなカメムシです。写っているのは幼虫でおそらく脱皮をしてあまり時間がたっていないのか赤っぽさが残っています。サシガメはカメムシの仲間ですが害虫等を捕らえてくれる益虫です。

2009-02-16
撮影は晴れているときに限ります(プロならカバーもできるのでしょうか)。とても暖かかったのでレンズを近づける度に逃げようとしていました。しかし、調子に乗って直接手を出してはいけません。油断をすると刺されます。

2009-01-30
ヤナギの樹皮が割れた隙間に大量にいました。テントウムシなどもそうですが、寒い日は写真の通り団体さんで見かけますが暖かいのでしょうか(変温動物なのでちょっと微妙な気もしますが)?

2008-03-04
いつも同じポイントで見つかるので冬の数少ない昆虫の中ではいい撮影対象ですが、さすがに彼らだけだとこのブログもやっていけないですね。

2008-01-12
クヌギの幹にて。寒さに耐えるため、クヌギの説明が書かれたタグの裏に複数が集まっていました。撮影した日は若干暖かかったので逃げようと歩き回っていました。

2007-03-18
小さいからか口がとても大きく感じます。成虫を見る限りでも結構口は太めに見えます。一気に体液を吸う為でしょうか?