May 24, 2008

サトキマダラヒカゲ

2006-07-03
鱗翅目 タテハチョウ科 サトキマダラヒカゲ
Neope goschkevitschii 里黄斑日陰

なかなか近寄って撮影出来ませんでした。しょうがなくテレコンを装備してかつフラッシュを使用。ピントは合いましたがばっちい写真になってしまいました。ちなみにヤマキマダラヒカゲという瓜二つな仲間も存在します。

2008-05-24
コナラの樹液を吸っていました。クヌギの樹液はまだまだ少ないのですが、コナラはすでにたくさんの昆虫が集まるようです。オオスズメバチも数匹見かけて近づくのはちょっと怖いです。

2007-10-17
最初に出会ったときはなかなか接近を許してくれませんでしたが、森の中で出会うと意外とおとなしかったです。暗い場所が好きなのでしょうか?

2007-05-22
最初はなぜかツマグロヒョウモンと勘違いしていました。ヤマキマダラヒカゲとそっくりな本種ですが、発生時期が違うのと、翅の付け根にある3つの丸い模様の列で区別をすることができます。