現在大幅改装中です。公開はだいぶ先になると思います。誠に勝手ながらその時まで更新はありません。ご了承ください。


ようこそ。ここは今までにデジタルカメラで撮影してきた昆虫を自分の感想を織り交ぜながら展示するブログです。日本内なら北は北海道から、南は鹿児島県まで、また、台湾で撮影した昆虫もおりますのでぜひご覧ください。

全登録件数916件のうち、成虫が775種、幼虫が106種、サナギが14種、抜け殻が9種、卵のうが3種、巣が1種、卵が7種、繭が1種、登録されています。

名前から探すときは一覧表から。
詳しく昆虫を探す場合は詳細検索から。

Nov 11, 2012

オオシロモンセセリ

20121111.jpg
鱗翅目 セセリチョウ科 オオシロモンセセリ
Notocrypta curvifascia 大白紋挵

名前の通り大きな白い紋が特徴のセセリチョウ。南方系のセセリチョウで奄美諸島以南で見られるチョウ。撮影場所は台湾。激しい雨の中じっとしていました。

Nov 04, 2012

ノンネマイマイ

20121104.jpg
鱗翅目 ドクガ科 ノンネマイマイ
Lymantria monacha ノンネ舞舞蛾

モノトーン調が大変美しいガ。一応北海道から九州まで幅広く分布していますが、九州ではある程度標高がないと見られないようです。この写真は北海道で撮影したものです。

Oct 28, 2012

シロウラナミシジミ

20121028.jpg
鱗翅目 シジミチョウ科 シロウラナミシジミ
Jamides alecto 白裏波小灰

ウラナミシジミの仲間でも大きめの種類。南方系のチョウで日本では迷蝶の一種です。撮影下場所は台湾で、林のちょっと開けた場所にいました。表の羽がギラギラと光っていたのでゼフィルスの仲間かと勘違いしていました。

Oct 21, 2012

オオキトンボ

20121021.jpg
トンボ目 トンボ科 オオキトンボ
Sympetrum uniforme 大黄蜻蛉

黄色、というよりは全体がオレンジ色をしており、知らない人が見るとウスバキトンボあたりと勘違いしそうですがこれでもアキアカネなどと同じアカトンボの仲間となります。秋が深まる10月あたりから数を増やし冬になるまで見ることができます。

Oct 20, 2012

オオツノトンボ

20121020.jpg
脈翅目 ツノトンボ科 オオツノトンボ
Protidricerus japonicus 大角蜻蛉

トンボと名前がついていますが、分類を見ると分かるとおりカゲロウに近い仲間。トンボは不完全変態ですが、カゲロウの仲間は完全変態のため、幼虫からサナギを経て成虫になります。

以前のログ